カワゾエカンパニー|murserum

002_01.jpg002_02.jpg002_03.jpg002_04.jpg002_05.jpg002_06.jpg

HOME > カワゾエカンパニー|murserum こだわり

ミュールセラム-こだわり-
ミュールセラム 宣伝画像

ミュールセラム|こだわりページへミュールセラム|製品一覧ページへミュールセラム|使い方ページへ

余分なものを取り除き、肌本来の力を取り戻す。

□ 透明感のあるすべすべのお肌へ…
□ ツヤのある生き生きした肌へ…
□ 年齢を感じさせない若々しい肌へ…

肌質・年齢を問わず、どなたにもお使い頂けるスキンケアシリーズです。

ミュールセラムの3つのこだわり|画像

ミュールセラムの特徴
ミュールセラムの特徴|画像

UVミルク…日焼け止め乳液

UVミルク|画像
紫外線拡散剤と紫外線吸収剤の違い|画像
紫外線から肌を守る為、紫外線防止剤を使用しますが、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の2種類があります。
紫外線散乱剤は紫外線そのものを反射させて皮膚に届けないもので、低刺激で肌にやさしいと言われています。
紫外線吸収剤は紫外線を一旦吸収し、エネルギーとして放出します。

ノンケミカル 紫外線散乱剤(肌表面に受ける紫外線を乱反射させて、 肌への紫外線の影響を防ぐ)を配合するノンケミカルタイプ。皮膚の弱い方にもおすすめ!
ウォータプルーフ 夏場の汗にも流れないため、効果が持続します。又、汗による化粧くずれも防ぎます。
SPF42、PA++ □SPF値・PA値について
紫外線防御効果の指標としてSPF、PAで表現されます。

◆SPF値・・Sun Protection Factorの略語。
主としてサンバーン(赤くなる日やけ)の原因となるUVBを防ぐ指標。
数値が大きくなるほど防止効果が高くなります。

◆PA値 ・・Protection Grade of UVAの略語。
UVAの防止効果を表す指標。
PA+」(UVA防止効果がある)、「PA++」(UVA防止効果がかなりある)、 「PA+++」(UVA防止効果が非常にある)、「PA++++」(UVA防止効果が 極めて高い)のいずれかで表示され、「+」の数が多いほどUVA防止効果が 高いことを示しています。

※SPF30で、90%以上の紫外線をカットし、PA値2以上4未満(++)は、UV-A防止効果があります。 日常生活には問題は無く肌への負担を考えると最大レベルでなくても良いと言われています。又、SPFは 日焼け止めの効果が持続する時間で、SPF1あたり20分の効果が持続すると言われております。 (※弊社製品はSPF42=14時間の効果持続)  それが、SPFは最大レベルでなくても良いと言われている所以です。

acl-toriatukai.gif

lnk_cosme.gif

003.gif
004_2.gif
ミュールセラム商品ページへ
menu00.png
006.gif
005.gif
DAIRY酪農事業部ページへ