カワゾエカンパニー|ACL Premium 馬プラセンタとは

002_01.jpg002_02.jpg002_03.jpg002_04.jpg002_05.jpg002_06.jpg

HOME > カワゾエカンパニー|ACL Premium 馬プラセンタとは

title_aclpl.gif
acl_pl_mainimg.jpg
acl00.jpgacl01.jpgacl02.jpgacl03.jpg

■プラセンタエキスとは


0000uma.jpg

プラセンタとは、哺乳類の胎児が発育するために必要不可欠な組織である胎盤のことです。
発育に必要なタンパク質合成、有害物質の解毒、ホルモンの分泌排泄など、まだ完全ではない胎児の機能を補うための重要な働きを、胎盤がすべて行います。
胎盤には20種類のアミノ酸の他、タンパク質やビタミン、ミネラル、糖質など栄養分がたっぷりと含まれています。
そもそも、1個の受精卵が分裂して胎児と胎盤に分かれるのですから、まさに新しい細胞を作り出すパワーの源なのです。
古代中国では秦の始皇帝や楊貴妃、西洋ではクレオパトラが、日本でも江戸時代には漢方薬を配合した「混元丹」等と、古くから、美容・滋養強壮・不老長寿等の目的に多く使われてきました。
プラセンタには、馬由来の他、豚・羊・牛(現在は使用禁止)由来等があり、ヒト由来のものは医薬用として使われています。

■サラブレット由来
 ウマプラセンタ

馬は病気にかかりにくい動物なので予防接種など薬剤による影響を受けることが少なく、特にサラブレッドは徹底した管理のもと、良い環境で育てられているため非常に安全性が高く、血統もはっきりとわかっているので安心して使用することが出来ます。そのため、トレーサビリティーも万全です。獣医の管理下で衛生的に出産された胎盤を急速冷凍し工場に運び、衛生的な環境で抽出加工しています。
1年に2度多頭出産する豚に比べ、11カ月の妊娠期間を経て1年に1度、1頭しか出産しない馬のプラセンタは、希少価値も高く、その成分濃度にも当然違いが出てきます。
他の原料に比べて、栄養価が高く、特にアミノ酸の質と量のバランスがよく、豚に比べると296倍と豊富に含まれており、豚にはないアミノ酸が6種類も含まれています。中でも美容効果の高いアルギニン含有量は着目すべきです。

■サイタイエキスとは

0000uma.jpg

サイタイエキスには、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、アミノ酸など、さまざまな美肌効果のある有効成分がたっぷりと含有されています。このサイタイエキスに含まれているヒアルロン酸は生体内と同じたんぱく質と結合した状態のまま抽出されているため、バイオからの純正ヒアルロン酸とは異なり、肌にやさしく馴染み、肌の弾力を生み出す真皮層に働きかける事ができるので、 滑らかで潤いのある肌をつくります。また、肌の老化を促進する活性酸素の発生を抑制する作用があるため、アンチエイジング効果により若々しい肌を作ります。

□ ACLの挑戦

これら成分は美肌にはたいへん有効な成分でありながら、長年その独特の匂いが製造者の足かせとなる事が多く、特に臍帯は希少で最も期待される成分でありながら、匂いの問題で、化粧品としての商品化を難しいものにしていました。
アクルではこの匂いの問題をサトウキビエキスを配合することで解決しました。
植物性のものでマスキングし、さらに最近人気のローズ水を配合して、ほんのりリラックスできる程度の香りづけをすることで、嫌な匂いの問題を解決することに成功しました。

■サラブレット由来
 ウマプラセンタ

0000uma.jpg

uma_pla.jpgプラセンタは、体内にある細胞に対し、古い細胞や傷を受けた細胞が分裂して新しい細胞を作り出すのを助ける働きをすることから、生命力をアップさせる存在として注目されています。

スキンケアとしては、細胞レベルにはたらきかけ、肌を内側から活性化するパワーがあるといえます。
新陳代謝や血行促進に効果的であり、肌荒れやニキビ、シミ、シワ、美白、アンチエイジングなど広い分野で美肌効果を示します。

□美容効果
ウマプラセンタには高濃度の成長因子がたっぷりと含有されています。
■EGF(上皮細胞増殖因子)
 表皮の代謝促進、新陳代謝促進、皮脂・肺・気管等の上皮細胞の増殖に関する因子
■FGF(線維細胞増殖因子)
 真皮の代謝促進、ニキビ・ハリ・ツヤ・シワのケア、線維細胞・血管内細胞増殖、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン等の増殖に関与する因子
■チロシナーゼ酵素活性阻害
 チロシナーゼ酵素の活性を抑制することで、メラニン色素の生成を抑え、シミ・ソバカス・くすみを防いで、美白へと導きます。 (厚生労働省において美白成分として認可)

■アミノ酸
0000buta.jpg

00

00001.jpg


アミノ酸は、肌や筋肉・内臓を作る大切な栄養素です。
肌の潤いを保つための天然のうるおい成分である、角質細胞にある天然保湿因子(NMF)の40%はアミノ酸が構成しているため、 アミノ酸をしっかり補うことで肌の水分を逃がさず、肌の内側からしっとりうるおすことができるのです。
ウマプラセンタに含まれるこれらのアミノ酸は豚由来のプラセンタに比べて種類も量も豊富で、効果も強いとされています。

□ アルギニン

アルギニンは、アミノ酸の中でも特に強い保湿効果と肌荒れ防止効果を示すもので、乾燥や肌荒れから肌を護り肌のみずみずしさを保ちます。
成長ホルモンの分泌を促進することで、コラーゲンの生成をも促し抗酸化作用によってシワ、たるみを防いで肌の老化を抑えます。
アルギニンはアミノ酸の中でも最も優れたアンチエイジング効果を示します。

acl-toriatukai.gif

lnk_cosme.gif

003.gif
004_2.gif
ミュールセラム商品ページへ
menu00.png
006.gif
005.gif
DAIRY酪農事業部ページへ